安心と信頼のみずほ銀行カードローン

みずほ銀行が提供する個人向けのカードローンサービスは、低い金利と大きな限度額で頼れる借り入れができるようになっています。手続きは来店不要で進められ、みずほ銀行の口座が無い方でもカードローンの審査完了後に同じく来店不要で口座開設ができますので、年齢や利用条件を満たす方であればみずほ銀行の口座がなくてもカードローンの申し込みが可能です。

 

みずほ銀行の口座をお持ちの方は、通帳が手元にあり、みずほダイレクトの利用があれば、カードローンの契約は200万円以下であれば書類不要で進められる場合もあります。

 

みずほ銀行カードローンは200万円以下は所得証明を原則不要としており、口座の有無に関わらず200万円以下は原則所得証明が不要ですが、上記の条件を満たす方はその他の本人確認書類などの提出も不要で手続きが進められるのです。

 

最短即日の対応も可能なカードローン

銀行のカードローンは時間がかかるイメージがありますが、みずほ銀行カードローンは最短即日での素早い対応も可能となっています。口座の有無によって最短即日の対応内容が異なりますので、以下の点には注意をしてください。

 

みずほ銀行の口座がある

ネット申し込みで最短即日の利用開始も可能です。

 

みずほ銀行の口座がない

ネット申し込みで最短即日の審査回答も可能です。

 

みずほ銀行の口座の有無に関わらず審査回答は最短即日となり、みずほ銀行の口座がある方はそのまま最短即日での利用開始、借り入れも可能です。ただし専用のローンカードを発行しない使い方に限られ、普段から使っているみずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能を付帯する形となります。

 

みずほ銀行の口座が無い方は、審査回答後にカードローン契約のための手続きや、カードの郵送を待たなければなりません。専用のローンカードを発行するかみずほ銀行のキャッシュカードでカードローンを利用するかが選べます。

 

【キャッシュカードでの利用が便利】
専用のローンカードを発行せずにみずほ銀行のキャッシュカードでカードローンの利用をするタイプは、口座内のお金のやり取りもカードローンによる借り入れも返済も、1枚のみずほ銀行のカードで済ませられます。財布にカードを入れていてもみずほ銀行のキャッシュカードでしかないので、周りの目が気にならないのも良い点です。

 

2つのプランに分かれるカードローン

みずほ銀行カードローンには金利の異なる2つのプランが用意されており、審査の結果でどちらのプランになるかが決まります。申し込み時に選択はできず、あくまで申し込み内容や審査結果によって、どちらが適用されるかがみずほ銀行や保証会社の株式会社オリエントコーポレーションによって決められます。

 

どのような条件でプラン分けがされるのかはみずほ銀行の公式ウェブサイト上にも書かれていませんが、より好条件となるエグゼグティブプランの適用となれば、他の金融機関のプレミアムプランとされるカードローンに匹敵する内容となるため、優れた借り入れが可能となります。

 

プラン 金利 最低限度額 最大極度額
エグゼグティブプラン 年3.0%~7.0% 200万円 1,000万円
コンフォートプラン 年3.5%~14.0% 10万円 1,000万円

 

どちらのプランも申し込みや手続きの進め方に違いはありません。ネットでの来店不要申し込みとなり、審査の結果によってエグゼグティブプランかコンフォートプランかが決まります。

 

最大極度額はどちらも1,000万円となりますが、限度額の下限が異なります。エグゼグティブプランでは最低でも200万円からの限度額設定となり、まとまった金額を借りるためのプランとなります。

 

対してコンフォートプランは10万円からの限度額となるため、みずほ銀行カードローンの2つのプランは大きな金額を低い金利で借りる方と、少額の借り入れをする方のどちらにも対応ができるようになっているのです。

 

プランによる使い方の違いは無い

優れた金利で頼れる借り入れができるエグゼグティブプランと、少額の融資にも対応をするコンフォートプランは、契約後の利用においてはどちらも違いはありません。カードを使ってATMでの利用もインターネットでの利用も、プランが違ってもどちらも同じように行えます。

 

ただ、エグゼグティブプランに関してはいくつかの特典が用意されており、金利以外にもお得に利用ができるようになっています。

 

申し込みの条件や基本情報

みずほ銀行カードローンの利用条件は以下のようになっています。最低限の利用条件を満たした上で審査に通過をし、契約をしないと借り入れができませんので、まずは利用条件をクリアしているかを確認してください。

 

当然ですが、利用条件を満たせない方はみずほ銀行カードローンの利用ができません。審査の通過はもちろん、そもそも受け付けてもらえませんので、申し込みは控えてください。

 

利用可能年齢

満20歳以上~満66歳未満

 

収入条件

本人、または配偶者に継続する安定した収入を得ている方

 

担保・保証人

株式会社オリエントコーポレーションの保証が利用できる方に限られるため不要

 

その他の注意事項

主婦の方は限度額が30万円までの利用となります。

 

申し込み時に気をつけておきたい点

みずほ銀行カードローンの申し込みを行う際には、他のカードローンとの同時申し込みをしていないか、他社の利用がある方は借り入れが多すぎないか、返済が遅れていないかを確認してから手続きに入るようにしてください。

 

カードローンの審査は同時に何社も受けると不利になる傾向にあり、みずほ銀行カードローンでも同時申し込みは良い結果には繋がらない場合があります。また、他社のカードローン利用がある方は、借り入れが極端に多かったり、返済日を過ぎても入金をしていない状態での申し込みは良い結果には繋がりません。

 

メガバンクのカードローンとなるみずほ銀行カードローンは、やはり信用が第一です。何社も申し込みをしてしまうなどの信用を落とすようなことはしないようにしましょう。

 

みずほ銀行カードローン

 

借り入れ先としてのみずほ銀行

カードローンで借りると考えた際に、選択肢はいくつもありすぎて迷ってしまうのも事実です。消費者金融や銀行、最近では信販系業者もカードローン事業に参入をしてきているので、多くの借り入れ先があります。

 

その中でも優れた商品スペックや信頼性があるのが、みずほ銀行カードローンです。その名の通りにメガバンクのみずほ銀行が提供する個人向けのカードローンであり、みずほ銀行の口座がない方でも申し込みが出来るので、多くの方にとって安心の商品となっています。

 

気になるカードローン金利もメガバンクのみずほ銀行だけあり、低水準となります。上限金利でも消費者金融と比べて数パーセントも低くなっているので、返済負担が軽減出来るのも大きな魅力です。

 

初めてのカードローン利用においても安心と信頼のみずほ銀行カードローンは適していますので、これからカードローンでお金を借りようと考えている方は、まずはみずほ銀行カードローンから見ておくと良いでしょう。

 

申し込みも契約も来店不要のみずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、手続きはみずほ銀行の窓口ではなく、ネットと郵送で進められるようになっています。既にみずほ銀行の口座をお持ちの方であればより早く、口座が無くてもカードローンと同時に申し込みをし、開設が出来るので、手間がかかりません。

 

みずほ銀行カードローンは二通りのカードの利用方法があり、専用のローンカードを使うか、またはみずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能を付けるかで選べます。専用のローンカードを発行すると財布がかさばる、カードを見られて借り入れがバレてしまう可能性がありますが、キャッシュカードを使うローンであれば安心です。

 

また、みずほ銀行の口座をお持ちの方で、キャッシュカードでみずほ銀行カードローンを利用する場合には、最短で即日での利用も可能となります。即日融資は消費者金融だけだと感じている方にとっては、嬉しいサービスとなります。

 

専業主婦にも対応をしている

みずほ銀行カードローンは専業主婦でも借りられるようになっており、限度額の制限こそされますが、配偶者の安定収入で内緒でお金が借りられます。配偶者の同意や確認は不要のため、秘密でお金が借りたいと考える専業主婦の方も安心です。

 

ただ、みずほ銀行カードローンで気をつけておきたいのが、毎月の返済金額です。金利が低い割には月々の返済金額が大きく設定がされており、特に少額の借り入れ時においては他のカードローンと比べると返済金額が大きいです。

 

返済額が大きければそれだけ完済も早まり、利息の総額が減らせる大きなメリットがあるのは事実です。しかし、専業主婦などの自身に収入を持たない方の場合には、毎月の返済額が多いと思わぬ負担となる可能性もあるので、みずほ銀行カードローンを利用する前には返済計画をしっかりと立てておきましょう。

 

利用条件や申し込み、審査や契約などのみずほ銀行カードローンの基本情報を詳しく知りたい方は、専門とする情報ページとなるみずほ銀行カードローンの即日利用方法を見ておくと良いでしょう。

 

カードローン審査に影響する延滞

カードローン審査に落ちる原因のひとつが延滞や滞納です。日常生活ではさまざまな支払いが必要ですが、その支払いが滞っている人に対しては、カードローンの会社も融資を見送ることがあるのです。

 

延滞と言ってもいろいろですが、このうち公共料金の延滞はカードローンの審査に影響しません。審査で調査されるのは信用情報なのですが、この信用情報に含まれるのはキャッシング、ローン、クレジット関係の支払いだけです。電気代やガス代、水道代についての情報は含まれていないので、公共料金の滞納は審査には影響がないのです。

 

延滞について少し複雑なのが携帯電話料金です。通常、電話料金の延滞はカードローン審査とは関係ありません。しかし、携帯電話やスマートフォンを分割払いしていると話は違ってきます。

 

この場合、月々の電話料金には分割払いの支払いも含まれています。このとき電話料金を延滞してしまうと、分割払いを延滞したことになってしまい、信用情報にもそのことが記録されてしまうのです。特に3ヶ月以上の延滞があると、5年間消えない金融事故の情報が登録されてしまいます。

 

こうなるとキャッシング、ローン、クレジットの新規契約はかなり困難になり、現状使っているクレジットカード、カードローンも利用停止にされてしまう可能性があります。端末代金の残っている状態での電話料金の延滞には、くれぐれも気をつけましょう。